インプラントについてと治療の流れ

インプラントがどうやら良さそうだ、と感じたら、やはり詳しくインプラントについてと治療の流れは知っておくことが大切です。高額な治療ですし、今後の自分の生活環境を決めてしまう治療になりますから、医者任せにはせず、主体性をもって治療に臨みたいところです。

インプラントについて簡単に説明すると、必要な本数だけ埋め込む人口の歯の事を指します。入れ歯のように取り外しは出来ません。またブリッジのようにほかの歯の力を借りることもありません。インプラントは独立した人工歯なのです。

インプラントの治療の流れとしては、最もシンプルにいうと、顎の骨にインプラント(人工歯根)を埋め、連結部を装着した後に上部構造物(人工歯)を取り付けていくというもの。

通常は、二回の手術に分けて行う二回法がとられます。まず、一回目に歯茎を切開してインプラントを埋め込み、歯茎を縫い合わせて閉じます。顎の骨とインプラントが結合するまで待つこと、およそ2~6か月。

その後のインプラントの治療の流れとしては、結合が完了した時点で歯茎を再度開き、結合部分を取り付けて人工歯の型取りと作成を始めます。ここから1か月待ちます。

歯茎の状態、インプラントの状態を見極め、いよいよ人工歯を装着。これでインプラントの治療はひとまず完了です。

インプラントはその後のアフターメンテナンスも大切です。インプラントについてと治療の流れに関しては、実際にインプラントを入れる前に、自身でもお調べになると失敗も避けられますのでお勧めします。

インプラントがほかの方法より良い理由

歯科治療の中でも、患者に提示される選択肢が多いのは、やはり歯の欠損治療ではないでしょうか。失った歯を再現するために、様々な方法から治療法を選ぶことが出来ます。

そんな中でも、インプラントがほかの方法より良い理由をご紹介しましょう。歯を無くしたときに選べる治療法には、主に三つあります。ブリッジ、入れ歯、そしてインプラントです。

ブリッジも入れ歯も、保険が適用されますので患者サイドの負担額は、インプラントほど高額にはなりません。ですが、それでもインプラントがほかの方法より良い理由として、口の中の清潔が保てる、という点と、違和感がなく快適な食生活が送れるという点が挙げられます。

ブリッジは、失った歯の両側の歯を削りますので、将来的には健康だった歯が抜け落ちるリスクが高まるのでデメリットがあるのですが、装着した直後も、義歯の下からタベカスが入り込み、非常に清掃が難しいという現状にあります。

これは入れ歯も同じで、食べ物が挟まることにより不衛生さは高まるのです。また入れ歯は合わないことが多い為、違和感が非常に大きく、また噛む力が衰える傾向にあります。

インプラントがほかの方法より良い理由としては、健康な歯を削る処置は不要であること、噛む力が衰えませんので、周辺の自然歯にも良い影響が与えられるという点です。また、審美的にも最も違和感が無いですし、発音に影響することもありません。

このような理由から、インプラントが多くの方から最適な治療として選ばれているのが現状なのです。持病などによっては、インプラントを受けられないこともありますので、まずは歯科医の診察を受けるようにしましょう。

【参照サイトリンク】
広島【わかさ歯科クリニック】インプラント
インプラント・矯正歯科を岡山でお考えなら【むらき歯科】

インプラントとかみ合わせ

歯が抜け落ちてしまったのに、そのままにしておく事は、かみ合わせが悪くなりますので、体調不良を覚える原因に繋がることがあります。

肩がこる、頭痛がする、腰痛に悩まされる、気分が落ち込むといった症状は、かみ合わせによるものかもしれません。

インプラントとかみ合わせは、こうした症状が歯に由来した場合、解消に導く問題となるかもしれません。インプラントを入れることでかみ合わせが良くなり、症状が改善するのです。

また、インプラントとかみ合わせには、インプラントを入れた後に問題が生じることもあります。先ほどと異なり、インプラントが歪んでいたり大きさが適切でない場合に、同様の不快な症状をもたらすことがあります。

これは治療計画上、非常に歯科医の腕によるところが大きいといえます。かみ合わせを考慮してインプラントを入れたかどうか、という点からすでに仕上がりを左右してしまうからです。

例え考慮しつつ入れていたとしても、技術が伴っていなければ意味がありません。とはいえ、治療後はかみ合わせの治療を行う事も可能ですから、定期的なメンテナンスを心がけることはポイントとなるでしょう。

必要な場合は、インプラントを除去することなく、ちょうどかみ合わせる部分の反対の歯にかぶせ物をして高さを調整するなどの方法もあります。気になる方は、歯科医に相談すると良いでしょう。

【参照リンク】
山口のインプラント治療は【いとう歯科クリニック】
徳島ペリオインプラントセンター
岡山市 インプラント【さながわ歯科】

インプラントと顎の骨

インプラントと顎の骨には、密接な関係があります。なぜなら、インプラントは顎の骨に埋め込むことから始まるからです。インプラントは、大まかに言えば人工歯根と人工歯に分かれます。人工歯だけを埋め込むわけではないのです。

ですから、インプラントを希望する場合、歯科医はレントゲンのほかにCTスキャンで顎の骨の状態を調べるはずです。骨の状態がインプラントに向いていなければ、治療そのものの計画がまったく違うものになってしまいます。

インプラントと顎の骨には、その種類によって必要な硬さや厚みが異なります。もし使用するインプラントと顎の骨の相性が悪ければ、骨を増やすなどインプラント治療前の処置が必要になるでしょう。

歯が抜けてから時間が経過すると、顎の骨は退化して薄くなってしまいます。ですから、インプラント治療は、歯が無くなってから早めに行う事が適しているのです。

骨誘導再生療法、別名GBR法は、インプラントのために顎の骨を再生させてくれます。そこまで骨が薄くなければ、インプラントを埋め込むときにGBR法を行う事も出来ますので、歯科医とよく相談されてください。

日常生活で、あまり顎の骨を気にすることはありませんが、インプラントに関しては非常に重要な存在であることを実感されるのではないでしょうか。

【参照リンク】
インプラントを宮崎でお考えなら【尾池歯科医院】
インプラント 愛媛【すまいる総合歯科クリニック】

インプラント再治療

せっかく時間をかけて入れたインプラントですが、再治療を必要とする場合もあります。なぜインプラントの再治療となるのか、その原因をまとめておきましょう。

まず、人工歯根を入れた後に起こるトラブルが原因となる事があります。インプラントの周囲が炎症をおこし、黒く変色してしまうと、骨が溶けている恐れがあり再治療が必要です。

歯科医の腕によっては、器具の使用法を間違う、骨の性質を見誤ることでインプラント体が抜けてしまう事もあります。

また人工歯を入れた後に起きがちな事といえば、やはり歯周病、そして外からの力による事で抜け落ちてしまうという事です。

最後は、自分のケア次第です。インプラント周囲炎にならないよう、特にセルフケアは入念に行い、少しでもインプラントがぐらついたり、歯茎が炎症を起こしていると感じたら早めの受診を心がけましょう。

インプラントの再治療は、いったんインプラント体(人工歯根)を取り除き、新たに入れなおす必要があるのですが、いったん削った骨の再生治療も必要になりますし、細菌対策も行うために時間が非常にかかります。

そうならないためにも、インプラントを入れる前の、口の中の細菌コントロール、虫歯の治療などは全て終わらせておくことが重要です。また医師選びは成功の可否を左右しますので、納得のいく歯医者を選択しましょう。

【おすすめ歯科】
福岡市 インプラント 【牧歯科医院】
広島市のインプラント【医療法人あおき歯科クリニック】

インプラントのトラブル

日数がかかっても良いから、一年後には口の中を気にすることの無い食生活を送りたい。そう願うのであれば、インプラントは適した治療法だと言えます。

ただ、インプラントの治療を受ける前に、インプラントのトラブルを知ることは大切なのではないでしょうか。事例を事前に知っておくことで、回避することが出来るからです。

インプラントのトラブルで最も多いのは、治療後のインプラント周囲炎です。これは日ごろのお手入れが不十分であったり、つい定期健診を受けなかったことに起因します。

インプラントは、プラークポケットが自然歯よりも大きいので、歯周病になりやすいと言われています。こうしたインプラントのトラブルを避けるためには、メンテナンスが大切だという事が分かるでしょう。

インプラントのトラブルとしては、他に治療後の炎症や出血に関するものも挙げられます。ですがこれは、はっきり言うと「金儲け」に走った歯科医による、ずさんな手術が原因であることが大きいようです。

ですから、この手のインプラントのトラブルを回避するには、歯科医選び、歯科医院選びが重要になる事が理解できます。インプラントが悪いのではなく、受けた病院を間違ったためのトラブルですから、私たちはその点をまず見誤らないように気を付けましょう。

【関連サイト】
岡山県でインプラント・審美歯科のことなら【北歯科医院】
長野 インプラントの歯医者【医療法人 平沼歯科医院】

インプラントの材料や形状

世界中のメーカーが次々と開発するインプラントには、様々な特徴があります。それらは、インプラントの材料や形状によって異なります。

スイスやスウェーデン、アメリカ、そして国産のインプラントによって形状や材質が微妙に異なり、日本人の骨格に合うもの合わないものもあるのです。

例えば、ブローネマルクインプラントはスウェーデンのインプラントで、長くて大きな形状をしているため、日本人には合わないことが多いのですが、ストローマンインプラントとして知られるスイス製のインプラントは、日本人に適合するなどの違いが生じます。

インプラントは骨との親和性が高いことからチタン製のものが多いのですが、二酸化チタンを吹き付けることでより結合性を高めるなど、同じチタン製といっても差をつけているメーカーもあります。

またメーカーの規格以外でも、インプラントの材料や形状によって、奥歯が適している、前歯に適しているなどの違いも生じます。これは上部構造物の素材も関わってきますので、歯科医に相談し、実際に診療して選択肢を挙げてもらうと良いでしょう。

インプラントの材料や形状によって、価格も異なってきます。この点も留意して選択することがポイントです。

【参考歯科】
福山 インプラントなら【甲斐歯科医院】

インプラントできれいで健康な歯に見せたい

どうせ欠損した歯の治療を行うなら、インプラントできれいで健康な歯に見せたいと願う方が急増中です。

接客業、サービス業、司会業などに携わる方はもちろん、若い方から高齢者まで、歯を気にすることなく思いきり笑いたい、清潔感が欲しい、という願いを持つことは自然だといえるでしょう。

近年では、インプラントできれいで健康な歯に見せたいということから、インプラントを入れる周囲の歯をホワイトニングし、その色に合わせて白いインプラントを入れる方さえいるのです。

インプラントの上部構造物といわれる、いわゆる歯の部分は、自然な自身の歯の色から真っ白な色まで選ぶ事が出来ます。

ただ、いったん完成した人工歯は、後でホワイトニングによって白くすることが出来ませんので、いずれホワイトニングをと考えている方は、インプラントを入れる前に処置をしておくことをお勧めします。

インプラントをきっかけに、きれいで健康な歯に見せたいという欲求が湧きおこることはよくあります。審美的な利点も兼ね備えているのがインプラントですから、この機会に歯の美しさを追求してみるのも良いかもしれませんね。

インプラントできれいで健康な歯に見せたいという願いが叶えば、随分と印象が変わって見えるようになるようです。

【参考リンク】
福山 インプラント 【おおた歯科医院】

インプラントの手術は安全性

歯医者で受ける治療は、いずれもほとんどが外科的治療ですが、インプラントは特にその趣が強いと感じる治療になるかと思います。

歯肉の奥の骨まで治療範囲が広がることから、インプラントの手術は安全性が高いかどうか、という点は、最初に抱く不安かもしれません。

ただ手術といっても、時間的には長くて一時間程度、麻酔も抜歯の時と同じ局所麻酔で済みますので、大きな不安を抱える必要はないでしょう。

ただ、インプラントの手術の安全性は、医師の腕と院内の清潔な環境によって左右されますので、事前のリサーチは十分に行っておきたいところです。

事前の検査に漏れがあったり、口腔内だけではなくほかの疾患を持っていないかなどの確認を医師が怠ることでリスクが高くなってしまいます。ですから、歯科医院は厳しい目でチェックすることが何よりも重要となってくるでしょう。

インプラントは、術後10年を経過して90%以上、予後の経過が良いというまれな治療法でもありますので、インプラントの手術そのものの安全性に関しては、特に問題視することはないでしょう。

もちろん、治療が完了した後のセルフケア、定期的な検診は必要です。インプラントの手術は安全性が高いので、後は歯科医選びとアフターケアさえしっかり行えば長くお付き合いできる、優れた治療法だといえます。

【参考リンク】
名古屋市のインプラントは東山通歯科
愛媛 インプラントなら「こじま歯科医院」

インフォームドコンセントとは

インフォームドコンセントという言葉を、耳にしたことはありますか。インフォームドコンセントとは、治療を受ける前に、医師から治療に関する説明をしっかり受け、それに同意することを指します。

これは、医療分野全体において非常に重要なポイントで、これから受ける治療法について内容や結果、治療費、治療期間、予後についてなど詳細に説明を受けることは疎かにしないようにしてください。

もちろん、歯科分野における治療でも同じことがいえます。インプラントもそうです。

疑問点があるのであれば、納得がいくまでインプラントの説明をしてもらってください。インプラントにはどのような種類があるか、どうしてこの種類が適しているか、治療の流れ、治療費、治療後のケアについて、詳しく説明をしてくれる歯医者さんこそ、良い歯医者さんだといえるのです。

日本人は、インフォームドコンセントが苦手かもしれません。医師に対して、細かい質問をすると嫌がられないか、しつこいと思われるのではなど、気を使ってしまいがちです。

ドクターサイドの意識は、昔と比べ十分に変わってきていますので、インフォームドコンセントとは治療における重要なプロセスであると認識がありますので、あとは患者サイドが意識を変えることがひつようかもしれません。

合わない入れ歯からインプラント

インプラントがこれだけ一般的になった近年、合わない入れ歯からインプラントへ方針を変える方が、非常に増えてきています。

合わない入れ歯は、不快なもの以外の何物でもありません。合わないので何度も歯科医で調整してもらいますが、すぐに合わなくなってしまいます。もう、入れ歯の調整に疲れたという方ばかりという事なのでしょう。

インプラントは、食感を損なうことなく、自然な歯があったころと同じように食事を違和感なく楽しめますし、抜けた歯の部分の骨が痩せてくることもありません。もちろん、口元のシワに悩むことも少ないでしょう。

何度も合わない入れ歯で悩んでいる人は、インプラントに変えることも視野に入れてみると良いでしょう。人前で入れ歯を外す事もなくなりますし、入れ歯安定剤の使用も不要です。

合わない入れ歯からインプラントにする場合は、歯科医を慎重に選ぶ事がポイントです。適切な検査とインプラント選び、治療とアフターケアーをしてもらえれば、あんなに不快な毎日だったのに、インプラントにしてから歯に関する悩みがなくなることは確かです。

これから先の長い人生、合わない入れ歯からインプラントに変えることで、違う生活を送ることが出来るのであれば、治療の候補に入れておくことをお勧めします。

【参考リンク】
石川 インプラントのことは【北川歯科クリニック】
香川インプラントセンター